TeamNIPPON 掲示板


過去ログ(〜2005/2/19)
 AOLアドレスやフリーメールアドレスを含む場合は投稿できません。

9 / 72 ツリー ←次へ | 前へ→


最適化された解析プログラム まぬ 05/11/22(火) 21:30

Re:具体的には… まぬ 05/12/30(金) 23:01
Re:具体的には… ウルトラの爺 05/12/31(土) 16:10

Re:具体的には…
 まぬ E-MAIL  - 05/12/30(金) 23:01 -

引用なし
パスワード
   ウルトラの爺さん、こんにちは。


配布サイトの冒頭では、このようなインストール手順が書かれています。

1. BOINCをシャットダウン
2. BOINCフォルダのバックアップを作成
3. どの最適化クライアントをダウンロードすべきか決める
4. zipファイルを解凍
5. app_info.xmlとver4.11クライアントを、BOINCフォルダのProjects\setiatohome.berkeley.edu\に入れる
(トラブル回避のため、もしver4.09のクライアントが存在したら削除すること。既存のver4.18のクライアントは削除したり名前を変える必要はありません。)
6. (オプション:最適化版BOINCクライアントを、BOINCフォルダに入れる。)
7. BOINCを再起動


「boinc-524-mmx.zip」は、BOINCクライアント(BOINCマネージャ)ver5.2.4のMMX最適化版です。

「seti-plainvanilla.zip」は、ペンティアムII以前や古いAMD系向けの最適化版です。
試しにダウンロードして確認したところ、SETI@home/BOINCのver4.11相当の最適化コアクライアントと、BOINCクライアントの最適化版がセットで入っていました。
ただし最新版ではありません。「These are the first series of optimized applications」とあるように、最適化クライアントの初期バージョンらしいです。

できるだけ最新版をということであれば、ウルトラの爺さんの場合、MMX対応版であるYAOSCW-0-r8.1.zipを導入するのがいいのでは。
ファイル名のr8.1は、おそらくリビジョン番号(マイナーバージョン番号)でしょう。


あの配布ページから、各最適化版の比較ページに飛べます。
http://www.marisan.nl/seti/reference.htm
これを見る限り、別に最新のCPUでSSEやMMXのみ対応の最適化版を導入したってかまわないし、また意外にも各最適化版の差はわずかのようです。
…さすがに本家提供のコアクライアントとは歴然とした差がありますが (^_^;;)
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.1.4322)@z67.211-19-66.ppp.wakwak.ne.jp>

Re:具体的には…
 ウルトラの爺  - 05/12/31(土) 16:10 -

引用なし
パスワード
   >「boinc-524-mmx.zip」は、BOINCクライアント(BOINCマネージャ)ver5.2.4のMMX最適化版です。

>「seti-plainvanilla.zip」は、ペンティアムII以前や古いAMD系向けの最適化版です。

分かりやすく、且つ詳しい説明有り難うございます。上記部分がこんがらがっていたせいで、全体が良く分かっていませんでしたが、お陰でスッキリしました。


>できるだけ最新版をということであれば、ウルトラの爺さんの場合、MMX対応版であるYAOSCW-0-r8.1.zipを導入するのがいいのでは。

アドバイス有り難うございます。
kurihara9028さんとお二人からアドバイスを頂き本当に有難い事です。
早速導入後ベンチマークテストをしてみました(BOINC Managerは最新版のまま)。

倍精度演算:570 double precision MIPS (Whetstone) per CPU
整数演算 :973 integer MIPS (Dhrystone) per CPU


うーん、kurihara9028さんとの所で投稿した結果と合わせてみると、どうやらBOINC Managerが最新版のままでは効果が薄いようです。
ただ、YAOSCW-0-r8.1.zipの中身はMMX最適化版とのことなので、一応MMX版BOINC Manager5.2.4とYAOSCW-0-r8.1.zipを導入するパターンで落ち着きました。
以下にベンチマークテストの結果を示します。

倍精度演算:525 double precision MIPS (Whetstone) per CPU
整数演算 :1318 integer MIPS (Dhrystone) per CPU


別のまぬさんの投稿では、BOINC Managerが「正規版」と変わると他のプロジェクトに参加できなくなる可能性があるとのこと。
これもありがたい情報ですね。幸いsetiしかやってないので、これで行きますが、将来はこの情報も参考にさせていただきます。有り難うございました。

さて、今後が楽しみです。
多分長くて半月後くらいまでにはおよその傾向性が分かってくると思います。
遅いパソコンですいません(笑)
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Q312461)@218-228-43-1.denkosekka.ne.jp>

9 / 72 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
109,613
(SS)C-BOARD vv3.8 is Free.





SETI@home TeamNIPPON OFFICAL BBS