TeamNIPPON 掲示板


過去ログ(〜2005/2/19)
 AOLアドレスやフリーメールアドレスを含む場合は投稿できません。

9 / 72 ツリー ←次へ | 前へ→


最適化された解析プログラム まぬ 05/11/22(火) 21:30

64bit化 kurihara9028 07/2/16(金) 23:27
Re:64bit化 kurihara9028 07/2/17(土) 0:03
Re:64bit化 tym 07/2/20(火) 21:18
Re:64bit化 kurihara9028 07/2/27(火) 22:59
Re:64bit化 kurihara9028 07/3/7(水) 20:54
最近新しい版が出るのが早いようです kurihara9028 07/3/13(火) 0:19

64bit化
 kurihara9028  - 07/2/16(金) 23:27 -

引用なし
パスワード
   Vista導入に際し、試しに64bit版(Ultimate)をインストールし、ついでにboincクライアントもCrunch3r氏の64bit最適化版を導入してみました。
使用するワーカーはkwsn版の(CORE2用から汎用SSE2用に変えたものの)同じ32bit版を使用し、入れ替え前後を比較してみると、入れ替え後は概ね解析時間が15%程度短縮していました。

しかし、解析時間時間短縮につながった要因が単に一部を64bit化しただけではないような気もしてしまい、単純に解析時間が短くなったのか、WUが少し軽くなっても申告・付与クレジットがあまり変らなかったのか、同一WUが配布される他3台のPCの顔ぶれが少し変わってきたのか、と色々考えてしまいました。
ここはワーカーも64bit化してみたいところですが、試しに使用してみた64bit版はかえって解析時間が増大してしまうものもあり、結局元の32bit版に戻してしまいました。

あ、そういえばVistaをクリーンインストールしておらず、上書きインストールしてXPの旧データーが格納されたwindows.oldフォルダに残ったBOINCをとりあえず起動させて検証していたので、OSのクリーンインストールやBOINCの新規インストールを行ってから検証し直すことも考えないと…。となると、今抱えているWUを消化し終わるのをまた待たないと…。

まだまだ時間をかけて色々と検証する事ができそうです。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR...@softbank218136154031.bbtec.net>

Re:64bit化
 kurihara9028  - 07/2/17(土) 0:03 -

引用なし
パスワード
   (CORE2用から汎用SSE2用に変えたものの)
SSE2ではなくてSSE3用でした、訂正します。

とか言っているうちに、KWSN版の新しいのが(R2.2)もう出てる…。
早速試してみます。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR...@softbank218136154031.bbtec.net>

Re:64bit化
 tym  - 07/2/20(火) 21:18 -

引用なし
パスワード
   人柱^^?お疲れ様です。

64bit化と聞いても、、、
1.命令セットが64bit化
・・・速くなる?
2.データ長の部分が64bit化
・・・解析精度が上がるなら遅くなってもオーケー
2'.利用できるメモリ空間が64bitごと
・・・解析はフーリエ変換主体だから速くなりそう?メモリ配置のエラーも減る?

早くなるのやら遅くなるのやら妄想の域を超えないので、体験者のコメントは参考になります。

ですが確かに、ワーカが同種じゃないと検証難しいですね^^;
投稿ありがとうございました。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)@vip1.lcv.ne.jp>

Re:64bit化
 kurihara9028  - 07/2/27(火) 22:59 -

引用なし
パスワード
   64bit版OSのPCですが、最近送られて来るWUが少し軽めになったような気がします。
以前は主にAR値が0.40〜0.43ぐらいの比較的解析に時間のかかるWUでしたが、最近
は0.55〜0.75といった少し軽めのものが多くなりました。解析時間も以前は2:00前
後かかっていましたが最近は1:10程度になっています。(もっともAR値の変化だけ
でなく、最適化ワーカー等を最新のものに入れ替えているので、その解析時間短縮
効果も少しはあると思います。他の32bit版OSのPCにkwsn版の新しいワーカーを入れ
たら解析時間が全体的に短くなり、10〜15%程度RACが向上しました。)
もっとも、解析中のPCの消費電力は以前と殆ど変わらず、QX6700のPCで250W〜280W
で、解析時間が短くなっても消費電力は以前の重たいWUを解析している時とあまり
変わっていません。

旧SETIの頃は配布されるWUのAR値は結構ランダムで、同時にダウンロードすれば近
い数値のものが続くことがありましたが、時間帯によってかなり変化があったよう
に思います。でも最近のBOINCでは同じような範囲のAR値(同じ位の解析所要時間)の
ものが継続して送られて来るような気がします。解析所要時間の見積もりを見ても
大体一定の範囲に収まっているWUが殆どで、サーバー側でPCの能力などによってあ
る程度振り分けているのかな?などと考えてしまいます。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR...@softbank218136154031.bbtec.net>

Re:64bit化
 kurihara9028  - 07/3/7(水) 20:54 -

引用なし
パスワード
   Crunch3r氏ですが、32bit版のboincクライアントも公開しているようですね。
http://calbe.dw70.de/boinc_32.html
純正と比べると解析完了後にすぐResultの報告をするので、報告待機のWUが溜まりにくいな、というのが使ってみた第一印象です。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR...@softbank218136154031.bbtec.net>

最近新しい版が出るのが早いようです
 kurihara9028  - 07/3/13(火) 0:19 -

引用なし
パスワード
   KWSN版の最適化ワーカーが、Rev 2.2 → Rev 2.2Bへと変わっています。少し試した限りではあまり変化がないように感じますが、しばらく使用してみて推移を見守りたいと思います。

上位のコンピューターでRAC順位が一桁の方だと、同じQX6700で4400〜4900もの数字を出していて、一体どんなセッティングをしているのかと思ってつい見てしまいます。
さすがにQX6700でTOPの方のように3.80GHzで運用するなんてとても真似できそうにありませんが...。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR...@softbank218136154031.bbtec.net>

9 / 72 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
109,576
(SS)C-BOARD vv3.8 is Free.





SETI@home TeamNIPPON OFFICAL BBS